一戸建て購入時の注意点

その値段の高額さゆえに、一生に一度と言っても大袈裟ではない一戸建て購入。かしこく、じっくりしっかり悩んで最適な買い物にしたいところです。購入の際に気をつける点は、大きく分けて3つあります。まず1つは、土地と建物のバランスを見ることです。

土地…交通の便や生活に必要な施設が充実しているなど、その家の周辺地域の環境が良いか、ということと、建物…日当りや間取り、住環境を含めた家自身の環境や住み心地が良いか、ということです。これらが両方高い水準で良い物件はどうしても値段が上がってしまうので、そこから引き算して適度なバランスを見ながら価格と折り合いをつけて選択するようにします。次に、新築一戸建ては特にですが、設計図面が整っている物件にしましょう。建て売りの場合は引き渡さないケースが多いですが、必ず受領するようにしてください。

将来的にリフォームする際に必ず必要になります。また、こちらも遠い未来ですが、売却する際に設計図面の有無で住宅の価値が変わってきます。そして最後の項目ですが、周辺の災害リスクが高くないか、を見て下さい。地盤の善し悪しで地震の際のリスクも異なりますし、近くに氾濫しやすい河川や池がないかも要注意です。

こういった情報はその地域の市区町村で配布されているので必ず確認しましょう。併せてその土地の使用歴「地歴」も確認できると更に安心です。以上の点を踏まえて、最適な一戸建てを探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*